2004年11月18日

昨日の夜は
予想通り、夕食後の
VIVIちゃまは
ハウスにこもりっきりで
体力回復に努めていた。

大体、自分の体力気力が
回復しないと
「1人にして・・・」
状態のVIVIちん。


ドッグランでいっぱい走ったもんね~
その前の日はトリミングしたしね~・・・

外に行き始めた時の事を思い出した。
その頃は
車に乗るだけで
精神的に疲れ果て
家に帰ると
イライラピリピリしてて
少しの間触れなかった。

疲れてるのに、人が近寄ってくるから
気を張らなきゃいけない。

と言う状況で、攻撃的に
なっちゃってたんだろう、、、と
今では想像するんだけど・・・

11-18.jpg
ハウスにこもって
熟睡中のVIVIちん^^
早くお疲れをリセットするんだよ~!!


さて、、、
本日は 旦那様が急に
お休みが取れたと言う事で
遅めの起床。

起きて、少しすると
和室に敷いてある
カーペットの上で
ズリズリゴロゴロ始めたVIVIちん。

背中をマッサージしてやる!
と、もみもみしてると

「ガウゥゥゥゥ 怒怒
と、かなりお怒りの様子。

近頃は、すぐに口が
手に飛んでくる事もなくなって

触った時に
「うぅぅぅぅ 怒
って言っていても
穏やかに声をかけながら
ナデナデしていると
そのうち落着いて
ズリズリゴロゴロを続行~
なんてパターンがほとんど。

今日もそのつもりで
ナデナデを続行したら
「ガッ!!」
と、口が飛んできて噛まれてしまった 悲しい

VIVIちんは、ある行為が
「どうしても許せない!」
と言うよりは
ちょっと強引に何度も繰り返して
慣れてしまえばへっちゃらな子。
なので、少々「うー!」とか「あー!」とか
言われようと
あえて 刺激をする事も多々・・・

それで上手く慣れて行ってくれれば・・・
と考えての事なんだけど

今回は、私が
「VIVIちんが唸る」
と言う事に対してマヒしていた
結果だと思う。

噛む様子・・・
他の噛む子を見た事も
噛んでいる所を見た事も
飼主さんに細かくお話を伺った事も
ないので
ちょっと興味のあるところなんだけど ハート

今朝のVIVIちんの場合は

ガッガッガッ!!
と、すばやくアゴを動かして
3~4回 同じ場所を噛む。

で、最後の「ガッ!」で
強く噛みしめる。

今回もちょっと試してみたけど
「うぅぅ」の段階では有効な

「VIVIちん~♪ 大丈夫だよ~んキラキラ♪♪」
とか
「うまうまだよ~んキラキラ♪♪」
とか
いつもならフッと我に返るような
素っ頓狂な声で叫ぶ~!

は、まったく通用しない。
どちらかと言えば
それが刺激になって
噛みしめる強さが増す・・・ 汗

なので、大人しく
VIVIちんが落着いて
自分から口を離すまで
待ってる事にした。
これも、いつものごとく・・・

結局今回も積極的な
噛んでる途中の解決策を見出せず。

そんなもんなのかなぁ・・・

噛まれる側として
少し進展した事は

「噛まれている最中は動くな!!」

と言う事。
噛まれる事に慣れていない時は
噛まれると手を引いてしまって
穴で済む傷が 線になってしまった事多々。

まぁ、VIVIちんだけの経験だから
他の子だと違うのかもね~ (‾∇‾;)
大型犬に噛まれて大人しくしてても
ダメだと思うし・・・

で・・・
ここからが 前回噛まれた時
からの不安・・・

以前
噛んで口を離した後も
「うぅぅぅ 怒怒」が続行。
「スワレ!」や「フセ!」の
コマンドを出して 言う事を聞かせて
話し掛け、言い含め・・・
落着いたところでご褒美&解放。
噛む様子は
ガブッ!!
と、一度噛みで 噛みしめない。


前回から
噛んだ後、血の匂いかぐと
すわりこむ。
「うぅぅぅ 怒」がない。
傷口を見せると オッカナビックリ
で、逃げて行く・・・
噛む様子は
↑で書いたように
ガッガッガッ!!と数回。
で、噛みしめる。



今回はそれがかなり顕著に
現れていて
ちょっと不安になったキョであった・・・

でも、いつ何時も「噛む理由」はある。
だから、癲癇ではないハズ・・・
と、思う・・・

ちょっと、行動治療の先生に
聞いてみようかな。
飼主が不安定が一番良くないと
思うから・・・


at 16:28│噛んだ!! │

この記事へのコメント

1. Posted by イチ   2004年11月20日 12:20
ハービーの噛みパターン・・・
①フードプロテクト
②プロパティプロテクト
③対犬パニック時
①拾い食いが激しかった頃、
マグネシウムブロック
(クッキーだと思ったらしい)
を取り替えそうとしてガチンとやられた。
私を加えた瞬間、私が”What!”
と激声(超低くて、恐い・・・)
でハッと離し、数歩下がってすまなそうに
頭たれて座った。
飲み込んだ後だったので、スグハービー抱えて、ガレージに連れいていき、ホースを
突っ込んで水をガブガブ胃に流し込んだ。
それ以来、交換・スピット(出せ)等のトレーニングをがんばった事もあり、一切のフードプロテクトはなくなりました。
②新聞を渡しに来た少年のケツに
思いっきり噛み付いた
メチャ怒った。その後は二度とありません。
(リーシュガンっと引き、ケリ一発)
①②共に、引き取って半年以内の出来事だったと思う。
③はもうタビタビでゴザイマシタ
(最近ないけど)
パニクってるので、意識ナシ。
噛んだまま 大暴れ。
パニクル状況には立ち入らないようにしてました。
私も奴もコントロール不可なので。
でも噛まれた時は、遠慮なんかせず、
何をしてでも、だめなもんはダメ。
を解らせてました。
キョサンはお嫌いだと思いますが、
そうです。タ・イ・バ・ツ
私も絶対したくなかったけど、
ありとあらゆる方法試したけど、
行き着く先はそこしかなかった・・・
心を鬼にして こめて
まじケリ入れてました。
ワカッテクレーって。
でもね、そんな状況を作らない為に、イヌキロクを毎日毎日真面目につけて
パニクル状況には立ち入らない努力欠かさなかったです。
長くなってごめーん。
2. Posted by キョ   2004年11月20日 13:50
ichiさ~ん^^
ふむふむ、、、VIVIちんもフードプロテクトはあるなぁ~・・・
フードに限らず、自分が持っているモノを取られる! 叱られる! が 「守る」になっちゃうんだろうなぁ・・・
現在、自分交換を学び中~
その、くわえた時に ichiさんの声で ハッ!と「ダメだった!!」って気が付くのがいいよねぇ~
我家の場合は明らかに信頼関係がそこまで達していない・・・
私が声かけるとさらに興奮したりするし・・・
私はタイバツ と言うか、力を使った教え方キライじゃありませんよ~!
だいたい もとがそっち系だし、私・・・^^;
でも、リスクが高いと思うので、ちゃんとワンコとの関係を見ながらじゃないと恐い・・・と思うのです。
たぶん、今私がVIVIちんに力任せの行動を取ったら、近寄って来てたVIVIちんの心が 「ちょっと信用デキナイ・・・」と引いていってしまうと思う。
人間が恐くて噛む場合のあるVIVIちんに、人間からの攻撃はご法度だと、今は思ってるんだけど・・・
ちゃんと のイッパツなんだと理解してくれるくらいの関係なら 全然問題ないと思う~
テンションが上がりすぎちゃう子は、みぞおちにケリで我にかえらす。
ってシープドッグを何代も育てて使ってる人の記事で読んだ事あるし、何でも使い方次第なんだろうな~・・・
長いの大歓迎ですよ~^^
なんでも 色んなお話が聞けるのは お勉強になるし頭もやわらかくなるのでウレチイです
3. Posted by イチ   2004年11月20日 23:57
キョサン
奴の場合、私が恐い状態になると、
パニクッテ無いときは、
100倍ビビって落ち込む子だったので
やりやすかった。①②の場合。
しかし③のパニクリ時はほんとに長かった。苦労した。
多分いまでも危険ゾーンに踏み込めば、噛み疲れると思うしね。
でも危険ゾーンをチョビットでも縮められるように
日々ガンバッテルヨン。
ハービーの場合 人間怖い・・・はあるにはあったんだけど、
人間に対する恐怖度は シャイ程度で
アグレッションまでは行ってなかったの。
viviちん(人fear aggression)の対処法と
ハービー(犬fear aggression)の対処法は違うんだろうねー。
人間fear aggressionのほうが難しそう・・・。
タイバツについて お嫌いかもしれないけど・・・とかいたのは、 キョさんちょっと引いちゃうかな~と思ったからなのでした。
viviちんにそれ(タイバツ)が必要だ。
っていってるみたいに聞こえてたらゴメンだー。
チガウノヨー・・・
キョサンは解ってるみたいだし 
自分のスタイルがあるみたい
安心しました。
4. Posted by キョ   2004年11月21日 18:42
ichiすわ~ん^^
そっかぁ~、ハービーさん人間にはアグレッションまでいかないのねぇ・・・
色々なパターンの子がいるんだなぁ~・・・
ちょっとお勉強になったぞ~
VIVIちんは、人間 fear aggression とは限定出来ないなぁ・・・
それに、そんな名前がつく様な感じでもない程度の「恐い」かな~。
知らない人に吠えて口が出ちゃうのは、②のハービーさんと似た感じに思えるけど・・・
VIVIちんは、自分に迫ってくるもの fear aggression かなぁ~ ^^;
相手が人であれ、ワンであれ、モノであれ、自分が 恐い!とか イヤ!とか 不安!と思う対象が強引に何かをしてくれば、口が出ちゃうって感じかなぁ・・・
そんなにひどくないけど、広く浅く色々な場面で出る + その中には飼主も例外ではなく入っているので、触らずに誘導出来る方法必須!!
なのです
タイバツねぇ~!
ichiさんが気を使う気持ちわかるよぉ~
引く人は引くし、私 前に「あんまり良くないと思う~」って書いてるんだもん
お気を使わせてしまいました~。
ゴメンヨ~~~。
でもさ、問題行動や接し方の種類・方法は違っても、色々なところに次へのヒントみたいなモノがあったりして、他の方の体験談 とってもお役にたつので ありがたいのだった